ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。時には競馬話や雑談も…?!

ジョッパーズ コンシェルジュブログ

乗馬の感動をすべての人に。

ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、
新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。
時には競馬話や雑談も…?!

SHOP
    
MENU

ジョッパーズ コンシェルジュブログ

ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。時には競馬話や雑談も…?!

【馬に好かれる人?嫌われる人?】

2017年2月8日乗馬お役立ちコラム

ジョッパーズ

馬に好かれる人と嫌われる人。
それはどんな共通点があるんでしょうか?乗馬 馬

過去にも馬の性質などについて話しましたが、馬は臆病な動物です。
そして人の心を察知する動物です。

 

人が怖がっていれば馬も警戒し怖がります。
馬の性質が理解できず、怖がったり大きな動きをしたりすると嫌われちゃいます。
嫌われるというか、警戒?されると思います。

 

馬に好かれる人は馬の性質を理解し、そして馬のことを第一に考えている人ですね。
馬に嫌われる人は馬の性質を理解せず、馬よりも自分のことを第一に考えている人だと思います。

 

といっても難しいですよね。
馬のこと第一にって言われても何が馬にとって1番なのかは、馬に話を聞かないと分かりません。

 

でも言葉を話せるわけではないし、じゃあどうしよう?
それには馬の一日を知り、馬の生態を知り、馬の性格を知り、馬になりきった気持ちで考えてみることかなって思います。

 

人同士の付き合いでもそうですよね。
こんなことしてくれたら嬉しいなー、こんなこと言われたら傷つくよね、怒るよねって。

 

馬にもこうしてくれたら嬉しいとか、イヤだなーとかあります。
それを知るには人から歩み寄ること。

 

例えば
今日乗る予定の〇〇ちゃんは、朝から2人乗せてるんだよ。
・・・ということは今日私で3人目か。ちょっと動きもいつもより重かったのは疲れてたのかも。
じゃあ騎乗が終わったら早く手入れして、すぐに馬房に帰してあげよう。

 

人も疲れますよね?馬もやっぱり疲れますし、早くゆっくりしたいなーなんて思うこともあります。
こういう気付きなんかが馬にとって嬉しいことだと思います。

 

でも馬もそれぞれ性格も違うし、喜ぶポイント、嫌がるポイントも違うと思うので
少しずつその馬を知っていこうと努力すれば、馬に好かれるようになるかもしれませんね!

 

昔馬に好かれてるのか嫌われてるのか、ぜんぜん分からなかった時、ある馬の馬房の掃除を終えて
外に出るときにおもいっきり背中を噛まれてしまいました。

 

大激痛で馬を振り返ると耳を後ろに伏せて怒ってました・・
なんか悪いことしたかなって後々考えたら、少し前に騎乗したときに全然動いてくれなくて脚で指示したり、
鞭で気合入れたりといろいろしましたが、まったく動いてくれませんでした。常歩すらしてくれず・・

 

そう、はじめて騎乗したときからなめられて、嫌われていたようです(泣)

 

他の馬にそんなことされたことはなかったので、個性が強い馬だったとは思います。
でも代わりに他の方が乗ったらスッと動いていたので、何か気に食わないことがあって嫌われていたのかもしれませんね。

 

当時は乗馬をはじめて1年ちょっとだったので、まだまだ馬のことをわかっていなかったと思います。
でもそこから少しずつ馬のことが分かっていけたと思います!

 

なかなか難しいですが、これも日々勉強ということですね!

 

馬のきもち
人気NO.1書籍 【馬のきもち】


「海外で15万部を販売した馬の生態や行動学の本がついに翻訳化!」

「馬とはどのような生き物なのか、そして人間はどのように馬とコミュニケーションを取れば良いのか、良い関わりを解説。」

この本を読んで馬のきもちを勉強するのもいいですね。

人にとっては当たり前でも馬にとっては当たり前でないことがたくさんあることに気づかされます。

馬が大好きなあなたにこそ、ぜひ読んでいただきたい。

そんな書籍です。

PAGE TOPへ戻る

PAGE TOPへ戻る