ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。時には競馬話や雑談も…?!

ジョッパーズ コンシェルジュブログ

乗馬の感動をすべての人に。

ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、
新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。
時には競馬話や雑談も…?!

SHOP
    
MENU

ジョッパーズ コンシェルジュブログ

ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。時には競馬話や雑談も…?!

「馬本意」でのトレーニング

2020年8月3日髙田 茉莉亜選手うま ブログ

髙田茉莉亜

 

私は馬に乗るとき、
「自分本意」にならず「馬本意」で乗ることを
常に意識しています。

 

「馬本意」と言っても、馬にわがままをさせるという意味ではありません。
馬が何を考えているのか乗り手がしっかり考え、
馬の意思を尊重するという意味です。

 

馬が物見をする場合、
自分が意図することを馬がしてくれない場合、
すべてに原因があります。

馬は自然界で群れをなす動物です。
群れにはボスがいて、その他の馬はボスに従い行動します。

 

馬という動物に乗って共同作業をしたいのであれば、
私たちは馬のボスになる必要があります。

 

そこからようやく人馬の信頼関係がスタートします。

 

馬のボスになる=馬に怒る ではなく、

馬のボスになる=馬がこの人に従えば安全・安心と思ってもらえる存在になる
だと私は考えています。

 

もちろん時には怒ることもありますが、
自分は堂々として、たとえ馬が何かに驚いても
とっさに馬を落ち着かせてあげて、
馬に信頼してもらえる存在になることが大切です。

人馬の信頼関係が出来ている上で、
自分が意図することを馬がしてくれない場合、
さまざまな原因が考えられます。

 

人に利き手があるように、
馬にも左右で得意、不得意がある場合があります。

 

少し極端な例ではありますが、
右利きの人が、左手でお箸を使うことが難しいように、
左手前が得意な馬が、右手前で走ることは難しいのです。

 

その他にも、どこかに痛みがある場合も考えられます。


馬のしたくないことや、出来ないことを
がむしゃらに、無理矢理させるわけではなく、
一旦立ち止まって、「馬本意」で行動してあげることを忘れないでください。

 

みなさんの乗馬ライフのご参考になれば幸いです♫

 

ではまた。

PAGE TOPへ戻る

PAGE TOPへ戻る