JODHPURS

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様

{@ member.active_points @}ポイント

  • MYPAGE
  • CART
  • FAVORITE

{@ member.last_name @} 様

{@ member.active_points @}ポイント

FAVORITEお気に入り

商品番号 ISBN9784780413243

馬と仲良くなる方法から常歩・速足・駈歩まで写真と動画で解説 DVDでもっと優雅に! 乗馬上達のコツ50 (コツがわかる本!)

¥ 1,980 税込
59 ポイント進呈】
※商品の性質上、返品・交換はご遠慮願います。

馬とより仲良くなる方法から、常歩・速足・駈歩まで、写真と動画でわかりやすく解説。
馬と心を通わせながら、上手に乗りこなすポイントを紹介します。

・著者 全国乗馬倶楽部振興協会
・サイズ A5判
・出版社 メイツ出版
・ページ数 128ページ
・出版日 2013年7月
・DVD付き

【内容】

目次

はじめに
この本の使い方

PART1 乗馬の前に身につけておきたい知識
 馬は乗馬を一緒にするパートナー
 名称を覚えることで馬を知る
 馬とのコミュニケーションを大切にする
 安全で正しい服装で乗る
 声をかけてから馬に近づく
 馬という生き物を理解する
 優しくスムーズに装着する
 馬をリードして歩く
 馬装の流れを把握し、馬のことを考えながら行う
 馬の健康状態をチェックしよう
 馬の肢を保護するプロテクターをつける
 馬の背中とき甲を守る鞍選びと正しい置き方
 馬を落ち着かせ素早く装着する
 手順を覚え、丁寧に外す
 ブラシは撫でるのではなく、毛の置くまで届くよう

PART2 馬に乗り、歩いてみる
 馬層点検を覚える
 鞍革の長さは手の長さと同じにする注意点を覚えてスムーズにまたがろう
 着地後も手綱を放さないように気をつけよう
 無駄な力を抜く
 各関節を柔軟にし、馬の動きを吸収する
 柔軟で敏感な拳をめざす
 正しい肩の位置から正しい拳をみつけよう
 馬をこれから動ける体勢に整える
 鐙は踏むのではなく、「乗せる」「置く」感覚
 鐙の悪いはき方も知っておこう
 馬の種類を知って理解を深める

PART3 歩法を知る・常歩を行う
 馬には3つの歩法がある
 馬の推進の合図(アクセル)を知る
 真っすぐな上半身を保ちながら手綱を使う
 前へ行くエネルギーを維持したまま回転を始めよう
 号令を覚え、その意味を理解しよう
 馬の動きを覚え肢運びを感じる
 股関節に合わせて脚を使う
 動かしたい場所を意識し、全ての動作をゆっくりと行う

PART4 速歩と駈歩
 速歩発信の前の準備をしよう
 騎座を安定させるには支点作らない
 馬の背中のスウィングと一緒に働く股関節を作る
 股関節の角度を意識して軽速歩を乗ろう
 関節の動きを理解し、拳を独立させる
 やってはいけない軽即歩を知る
 駈歩の手前とその動きを理解する
 正しい脚の位置で駈歩発信の扶助を使う
 シーソーに乗るイメージで乗る
 NGを知って正しい体の使い方を理解しよう

 コラム 馬の毛色を知る

PART5 レベルアップの歩法に挑戦
 巻乗りの入り口と出口が同じ地点になるようにする
 馬の体勢が変わることに気をつけよう
 隅角から隅角を結んで運動する方向を変える
 4つのポイントをつなぐイメージで円を描く

乗馬用語インデックス
加盟乗馬クラブ一覧

5.00
1
  • 購入者
    非公開
    投稿日
    勉強になります!何度も繰り返し観てます。

このページをシェアする

最近チェックした商品

LIFE STYLE書籍・雑誌馬術全般・実用書・専門書乗馬実用書専門書

トップに戻る