ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。時には競馬話や雑談も…?!

ジョッパーズ コンシェルジュブログ

乗馬の感動をすべての人に。

ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、
新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。
時には競馬話や雑談も…?!

SHOP
    
MENU

ジョッパーズ コンシェルジュブログ

ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。時には競馬話や雑談も…?!

コラム 乗馬用品の選び方 その4 チャップス 編

2011年2月18日乗馬お役立ちコラム

ジョッパーズ

 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 コラム 乗馬用品の選び方 その4 チャップス 編

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 長靴では騎乗しにくい方多数おられると思いますが、その際便利なのがチャッ

 プスやゲートル。荷物にもなりにくく、気軽に乗馬を楽しめるグッズだと思い

 ます。



■チャップスとゲートルの違い

 チャップスは側面が蛇腹状になっている物が多く革自体が柔らかく伸縮性があ

 りますが、ゲートルはチャップスよりも固い革で作られており蛇腹状にもなっ

 ておらず伸縮性は少ないです。

 しかしゲートルはショートブーツの上から装着しますと、ロングブーツを履い

 ているように見えます。革質も硬く、楽に履くことができ、足首も自由に動か

 せる長靴のようなものです。

 ラフに乗馬を楽しみたい方はチャップス、フォーマルに騎乗したいが長靴は

 苦手、という方はゲートルをお勧め致します。



 ブリティッシュ馬術の試合では、チャップス・ゲートル着用可能な試合は無い

 に等しいです。(ローカルルールにより出場可もあり。)

 試合を目指している方は、練習にはチャップス・ゲートル、試合では長靴と

 履き分けされている方も多数いらっしゃいます。

  

■チャップスの選び方

 キュロット・ソックスを履き、ふくらはぎ周り・膝裏丈を測って頂き各商品の

 サイズ表と照らし合わせてお選び下さい。

 膝裏丈は、膝の曲がる部分からふくらはぎのラインに沿って地面から2、3

 センチくらい上までを計って下さい。多少長い場合は下に下げる、短い場合は

 上に上げると言う風に臨機応変にご利用頂けます。

 側面が蛇腹状になっており、ふくらはぎの多少のサイズ融通は利きますので、

 ぴったりか少しキツ目でもよろしいかと思います。



■ゲートルの選び方

 基本的にはチャップスと変わりません。

 キュロット・ソックスを履き、ふくらはぎ周り・膝裏丈を測って各商品のサイズ

 表と照らし合わせてお選び下さい。

 あまり伸縮しませんので、出来るだけ近いサイズで小さすぎないようにされるの

 がよろしいかと思います。



■どうしてもサイズが合わない場合

 市販品で合うサイズが無い場合は、少々お高くなりますがオーダーメイドになる

 かと思います。

 (申し訳有りませんが当店ではオーダーメイドに対応しておりません。)



■素材の違いについて

 本革・合皮・スエード生地(チャップスのみ)などの材質のものがあります。

・本革は使うほどに馴染み、足の形に合わせて伸びます。きちんとお手入れすれば

 かなり長くお使いいただけます。

・合皮は見た目が革のようで高級感があり価格もお手頃です。

 ただし必ず経年劣化しますので、長期間はお使いいただけません。

・スエード生地は表面を起毛加工した素材です。滑りにくくなるので姿勢を保ちや

 すいのですが、砂や泥で汚れた場合はブラシ等で掃除する必要があるのでやや面

 倒です。なお、丸洗いが出来る合皮製スエードのチャップスもあります。

・その他、取扱いが簡単なナイロン製のものもあります。



■その他

・チャップスは足元に着用するので汚れやすく、特に雨の日は泥まみれに

 なることもあります。

 晴れの日は丈夫な革チャップス、雨の日は丸洗い出来る合皮チャップスと

 使い分けされている方もいます。

・夏場にチャップスを巻いていると結構暑くなります。

 薄手の合皮チャップスや風通しの良いナイロンチャップスを夏場用、厚手の

 革製スエードチャップスを冬場用、と使い分けされている方もいます。



 また乗馬用品の選び方について、こちらのページでは写真付きで説明しておりま

 すので、宜しければあわせてご覧下さい。

 http://jodhpurs.jp/fs/horse/c/gr52



 次回のメルマガ 【乗馬用品の選び方 その5】では、ヘルメットについてご紹介

 させて頂きたいと思います。


PAGE TOPへ戻る

PAGE TOPへ戻る