ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。時には競馬話や雑談も…?!

ジョッパーズ コンシェルジュブログ

乗馬の感動をすべての人に。

ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、
新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。
時には競馬話や雑談も…?!

SHOP
    
MENU

ジョッパーズ コンシェルジュブログ

ジョッパーズのコンシェルジュが自分の騎乗体験や気づいた事、新商品の着心地レポートや新着情報などをお届けします。時には競馬話や雑談も…?!

【馬装のポイント②】鞍の装着手順

2016年3月29日乗馬サークルトゥインクル コラム

ジョッパーズ

こんにちは。乗馬サークルトゥインクルです。

今日は前回の『【馬装のポイント①】乗るまえにチェック!』に続き、鞍についてお話しします。

 

鞍は騎乗中にずれると、鞍傷(あんしょう)の原因にもなりますので、
ずれないようにきっちり装着しましょう!

【馬装のポイント②】鞍の装着手順

まず、ゼッケン(馬の状態によってはゲルを先にのせる場合もあります)をのせ、
その上にゲル、ボアゼッケンの順にのせていきます。
※ゼッケンの上にゲルのみ、ゼッケンのみの馬装を推奨されているクラブさんもあります。

 

ゼッケンと馬のき甲(きこう)の間に少し隙間ができるようにしましょう。(画像参照)

IMG_4431

 

 

そして、最後に鞍です。
鞍をのせるときにボアやゼッケンがずれないよう注意!

鞍をのせてから、ゼッケンの前部分を少し持ち上げると、

先ほどの注意点の「き甲とゼッケンの隙間」がつくりやすいですよ!

なれるまでは、のせた後に正面からまっすぐになっているかチェックするといいですね。

 

腹帯(はらおび)も、ゼッケンのストラップに通すとずれにくくなります。
片側がゴムタイプ場合は、ゴムの方を後で締めます。
腹帯もいきなりきつく締めると、馬が嫌がる場合がありますので少しずつ締めましょう。

 

馬の体形によっては、どうしても鞍がずれやすい子もいますので、
気になる場合は胸がい(むながい)を着けるとずれにくくなります。

 

ゼッケンやボアゼッケンは様々なバリエーションがあるので、
自分好みのものをゲットしたいですね♪

 

しっかり馬装ができていると、人も乗りやすいですよ♪

 

twinkle_banner









PAGE TOPへ戻る

PAGE TOPへ戻る