JODHPURS

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様

{@ member.active_points @}ポイント

  • MYPAGE
  • CART
  • FAVORITE

{@ member.last_name @} 様

{@ member.active_points @}ポイント

FAVORITEお気に入り

商品番号 ISBN4934569634740

高校を舞台に、盲目の馬と一人の馬術部員との感動の実話を描く 三本木農業高校、馬術部 盲目の馬と少女の実話 (DVD)

¥ 4,180 税込
125 ポイント進呈】
※商品の性質上、返品・交換はご遠慮願います。

三本木農業高校の馬術部に所属する香苗は、視力を失ないかけた猜疑心の強い馬・タカラコスモスの世話をしている。
やがて両者は強い絆で結ばれ、馬術大会に挑戦するが……。
実話を名匠・佐々部清監督が映画化した感動作。

【ストーリー】
菊池香苗(長渕文音)は三本木農業高校馬術部の2年生、タカラコスモス(通称コスモ)を担当していた。
コスモはかつて馬術競技界で名馬と謳われたほどのサラブレッドであったが、左眼を患い三本木農業高校に引き取られた。
左眼を患いプライドも高いコスモの面倒をみることに苦戦する香苗。
自分の言うことを聞かないコスモに対して不満を感じ、バカ馬とすら言うようになる。そんな香苗であったが、ある日コスモの左眼の視力が大幅に悪化していることに気づく。
眼の見えないコスモの苦しみを理解した香苗は献身的に世話をし、互いに気持ちが通じるようになってゆく。
そしてコスモの出産、馬の死、厳しい練習などを通じて香苗は成長していく。
厳しい顧問である古賀先生(柳葉敏郎)、先輩の帆乃夏(西原亜希)、同級生の陽子(森田彩華)と賢治(奥村知史)、後輩の高橋(小林裕吉)らとの関わりを通じて物語はより鮮やかに彩られていく。
盲目の馬とふれあい、青春期の少女が大人になっていく成長譚。

2008年文部科学省特別選定(少年向き、青年向き)・文部科学省選定(成人向き、家庭向き)作品!第33回報知映画賞新人賞受賞・第32回日本アカデミー賞新人賞受賞(長渕文音)!
「私、コスモの目になる!」


【キャスト】
長渕文音、柳葉敏郎、奥村知史、森田彩華、西原亜希、小林裕吉、吹越満、原日出子、伊嵜充則、柳英里沙、ジョナゴールド、田村三郎、黒谷友香、松方弘樹

【スタッフ】
佐々部清(監督)、橘内美佳(原作)、岡田茂(脚本)、佐々部清(脚本)、二宮清隆(製作)、川城和実(製作)、高橋大輔(製作)、木村俊之(製作)、余田光隆(製作)、小坂恵一(企画)、久保忠佳(企画)、山下鉄也(エグゼクティブプロデューサー)、高納勝寿(エグゼクティブプロデューサー)、鶴見和義(エグゼクティブプロデュサー)、八木昭二(エグゼクティブプロデューサー)、村山義男(エグゼクティブプロデューサー)、小超浩造(プロデューサー)、佐藤紳司(プロデューサー)、武藤数顕(プロデューサー)、臼井正明(協力プロデューサー)、青島武(協力プロデューサー)、山本亮(ラインプロデューサー)、坂江正明(撮影)、若松孝市(美術)、守利賢一(照明)、小林久之(セットデザイン)、佐原敦史(装飾)、藤丸和徳(録音)、瀬川徹夫(整音)、川瀬功(編集)、山下千鶴(スクリプター)、空閑由美子(キャスティング)、甲斐聖太郎(助監督)、高橋康進(製作担当)、東北新社クリエイツ(制作プロダクション)、シネムーブ(制作プロダクション)


発売日:2009年05月26日
アーティスト:長渕文音, 柳葉敏郎, 奥村知史
発売元:バンダイビジュアル(株)
販売元:バンダイビジュアル(株)
ディスク枚数:1枚(DVD1枚)
収録時間:142分
色彩:カラー
字幕:日本語字幕
制作年度/国:2008/日本
画面サイズ:ビスタサイズ=16:9LB/スタンダード
音声仕様:日本語 ドルビーデジタル5.1chサラウンド

 
予告編映像

このページをシェアする

最近チェックした商品

LIFE STYLEDVD・ブルーレイ乗馬DVDブルーレイ

トップに戻る