JODHPURS

本革ブーツの水洗いケア

本革ブーツの水洗いケアはこのような場合に実施して下さい。

1. 雨でシミができてしまった時や革靴の表面に白い粉(塩分)が吹き出てきた時。
効果:雨シミや表面の塩分をきれいに落します。
2. 長期間履いていて汗がしみ込んでいる靴や清潔感がなくなってきた時。
効果:皮革の内側に滞留した汗を取り除き清潔性を向上させます。
3. 革靴の履きシワが深くなってきた時や型崩れがひどい時。
効果:皮革が柔軟した時にキーパーを使用することでシワや型崩れを直します。

 

【注意】
•スエード、ヌバック等の起毛皮革製品やエナメル革、ハ虫類皮革などには使用できません。
•色落ち、シミ、ムラになる特殊な皮革もありますので、予めご了承下さい。
•乾燥している皮革製品に使用すると水分が含まれることにより色が濃く(本来の色に近い色)になります。
•シミの種類や時間の経過によってサドルソープでもシミが取れないこともあります。

使用アイテム
・竹ブラシ
・リムーバークロス
・MMOWBRAY ステインリムーバー
・MMOWBRAY サドルソープ
・クリーニングスポンジ
・ブラシ
・MMOWBRAY プレステージ ナチュラルフレッシュナー
※最後の仕上げで「本革ブーツのベーシックケア」のアイテムも必要になります。

今回はこちらの本革ショートブーツを例にケア方法をご紹介します。
※ロングブーツの場合、ジェットブーツキーパーを装着して作業して下さい。

STEP 1 ホコリ・泥の除去

竹ブラシで全体の泥汚れを取ります。
まず始めに満遍なくブラッシングをして全体の泥汚れを取り、そして伸縮生地の部分や革の縫い目、コバ周り(靴底と靴を縫い合わせている部分)など細かい部分に入り込んだ汚れをできる限りかき出します。

靴底も、しっかりと泥を落とします。

STEP 2 汚れ・古いクリームの除去

靴の表面に油分やロウ分が残っていると水がしみ込みにくいので、MMOWBRAY ステインリムーバーで表面の汚れや油分を除去してください。
詳しくは「本革ブーツのベーシックケア」の「STEP 2 汚れ・古いクリームの除去」をご覧ください。

STEP3 靴全体を濡らす

クリーニングスポンジを使用して靴全体を濡らしていきます。
この時、全体が均一に濡れるように丁寧に作業して下さい。濡れていない部分と濡れている部分があるとムラになる場合がありますので、ご注意下さい。
また靴中までぬらしてしまうと乾燥のスピードが一気に遅くなってしまい、カビが生える可能性がありますので必ず表面だけにしてください。

STEP4 洗浄

クリーニングスポンジに水を含ませて、MMOWBRAY サドルソープを良く泡立てて下さい。
※できるだけきめ細かい泡を作ると作業しやすいです。

スポンジを使い、サドルソープの泡を靴全体にのせていきます。

ブラシで小さな円を描くように靴全体を丁寧にクリーニングして下さい。
※強い力でこする必要はありません。

【POINT】
クリーニングスポンジは吸水性が非常に高い植物性のセルロースで出来ており、汚れが浮き上がったときにその汚れを吸水性の良さから吸い取ってくれるというメリットあります。

革に出来た染みは全体的にぬらすだけでも、染みが均一化されることによって取れていきます。
ですが、濡れていない部分と濡れている部分があるとムラになる可能性があります。
水の浸透性を高めるために初めにステインリムーバーで全体的にクリーニングをして油分やロウ分を除去する必要があります。

STEP5 泡の除去

完全に水気を切ったスポンジで表面に残った泡と汚れをクリーニグスポンジで取り除いていきます。
表面にぬめり感を残して終わらせるのがポイントとなります。
サドルソープの成分には皮革の潤いを保つための成分が含まれていますので、全体を洗い流すのでは無く、表面にサドルソープの成分を若干残す位の感覚で作業して下さい。
※洗っただけですと、お風呂上りの乾燥肌と同様に皮革が乾燥しやすくなってしまいます。

コバ周り(靴底と靴を縫い合わせている部分)は拭き取りができないので、スポンジに含ませた水で洗い流してください。
また靴底も革の素材ではないので洗い流してください。

STEP6 ドライ

表面の水気をタオルドライしてから風通しの良い場所で陰干しして下さい。
地べたに置かずに立てかけておいたほうが、靴の底なども乾きやすいのでおすすめです。
濡らした部分は表面だけですので、長くとも半日程度で乾燥します。

またこの際、ブーツキーパーやシューキーパーを靴に入れ、靴の形を整えながらシワ等を伸ばしておけば、皮革が柔軟していますのでシワが良く伸びて型崩れなどが直ります。

【POINT】
陰干し後、染みや汚れ等が取りきれず残っていた際には、もう一度このままサドルソープを付けて洗って下さい。

STEP7 カビ対策

完全に乾いた後に、カビの対策としてMMOWBRAYプレステージ ナチュラルフレッシュナーを靴の内側にスプレーして下さい。
カビだけではなく除菌・消臭効果もありますので、ノズルを突っ込んでスプレーするとしっかりと靴の中まで除菌ができます。

【POINT】
MMOWBRAY プレステージ ナチュラルフレッシュナーは天然の穀物から採れたバイオアルコールと天然のハーブが配合されており、双方ともに除菌の働きがあります。
靴は履いていると足が蒸れ、汗がバクテリア菌の繁殖を助けることによって臭いにつながります。
MMOWBRAY プレステージ ナチュラルフレッシュナーは除菌で臭いの発生を抑えつつ、軽くハーブの芳香をつける効果があります。

STEP8 仕上げ

最後にベーシックケアのクリームを塗布して、ブラシを掛けるという手順を行って仕上げて下さい。
詳しくは「本革ブーツのベーシックケア」の「STEP3~6」をご覧ください。

最近チェックした商品

MAIL MAGAZINEメルマガ登録

トップに戻る