乗馬用品・馬具&ライフスタイル JODHPURS (ジョッパーズ)

{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様

{@ member.active_points @}ポイント

  • MYPAGE
  • CART
  • FAVORITE

{@ member.last_name @} 様

{@ member.active_points @}ポイント

FAVORITEお気に入り

商品番号 ISBN9784130740210

ウマの動物学 第2版 (アニマルサイエンス 1)

¥ 4,180 税込
125 ポイント進呈】
商品の性質上、返品・交換はご遠慮ください。

初版の出版から約20年の研究動向をふまえて改訂

草原のランナー――乗用、使役、そして食料として、さまざまなかたちで人類とかかわってきたウマ。かれらの進化、行動、生理などにスポットをあてながら、動物としての全体像を描き、競走馬、流鏑馬、セラピーホースなどのウマの世界をみる。


【主要目次】
第1章 草原のランナー――進化と家畜化
進化の教科書――ウマの進化
草食動物としての戦略――ウシ戦略とウマ戦略
ヒトとウマ――食べ物、道具、そして仲間

第2章 いち早く逃げるために――ウマのかたちとその役割
走るためのかたち
見る・聞く・嗅ぐ
考えるウマ

第3章 草原での生活――ウマの行動
野生のウマ
ウマの1日
群れとしてのウマ
子孫を増やす
お馬の親子

第4章 いまウマはどこに――現代のウマ
ウマに乗る
ウマの力を利用する
ウマを食べる――隠れたウマの利用としての肉生産
ウマの毛色
品種の整理と役割

第5章 これからのウマ学
21世紀におけるウマの居場所
より速いウマをめざして――競走馬の世界
身近な乗用馬の世界
新たな使役馬の世界

あとがき
第2版あとがき


著者について

近藤誠司: 北海道大学名誉教授
1950年京都市に生まれる。1975年北海道大学農学部卒業。1977年北海道大学大学院農学研究科修士課程修了。酪農学園大学講師、北海道大学大学院農学研究科助教授、同教授などを経て、北海道大学総合博物館資料部研究員、北海道大学名誉教授、農学博士。専門は家畜行動学。ウマ・ウシなどの草食大家畜の行動学的研究を通して、家畜の生産システムについて研究する。遊牧、林間放牧、時間制限放牧など、さまざまなタイプの放牧システムの研究を展開中である


・著者 近藤 誠司
・サイズ A5判
・ページ数 224ページ
・出版社 東京大学出版会

このページをシェアする

最近チェックした商品

LIFE STYLE書籍・雑誌馬術全般・実用書・専門書乗馬実用書専門書

トップに戻る